電気代が安くなる家づくり

こんにちは

山下でございます

いかがお過ごしですか?

4月ももう終わり…

ゴールデンウィークも近づいて参りました

あなた様はもうゴールデンウィークは

どのように過ごされるかは決まりましたでしょうか?

また、良かったらお話聞かせてくださいね。

さて、今回のお話はお家づくりに関する

ちょっとしたコラムとなっております。

本日は電気代が高くなってきた昨今、

少しでも電気代を安くするための

「電気代が安くなる家づくり」のお話を

全三回くらいに分けてお話出来れば、と考えております

さて、「電気代が安くなる家づくり」、

冷房や暖房の費用を減らすために何が大事だと思いますか?

もちろん、要因は色々ありますが、

その中でも大きいのは、住まいの断熱性能となります

断熱性能が高いお家です | 高知・岡山でローコストで新築一戸建てを建てるならサンブランドハウス

住まいの断熱性能を高めることで、エアコンの設定温度も

そこまで大幅に上げ下げする必要も少なく、

少しのエアコンの稼働にて十分効くようになります。

→それが、電気代を下げることに繋がってきます。

といっても、断熱性能を上げるといっても、

リフォーム等にて壁の断熱材の入れ直し等となると、

大変な工事になってきますよね…

そういった大きな工事ももちろん効果的ではあるのですが、

住まいの断熱性能を高める上で、工事が簡単かつ、

とても重要な部分があります。

それが…窓です

冬は窓からの日差しを取り込み、夏は窓からの日差しを

遮ることで、冷暖房費を下げられます。

窓自体の性能を高めるのももちろん効果的ですが、

簡単なリフォーム工事では窓にブラインドを取り付けることで、

夏の日差しを遮ることで、日差しを室内に入れず、

エアコンで冷やした室温が上がらないように工夫できます。

また、今ですと、窓のリフォーム工事をする際には、

先進的窓リノベ事業という、

窓のリフォーム工事に対して補助金が出る制度も

現在やっておりますので、窓のリフォームを

お考えの方は、ぜひそちらの制度もご活用くださいませ。

先進的窓リノベ事業についてはこちら

https://window-renovation.env.go.jp/

関連記事

  1. 土佐市のシオミホームイング不動産のチラシです。
PAGE TOP